フォトメッセージ展 「Smile」リポート
 
NHKふれあいホールギャラリーで開催すること3回目、今年は春休みとともに始まる例年より一週間遅れの開催となりました。
春休みも終盤の開催、その上4月3日は暴風雨警報の為、ギャラリー入場は14時半までというアクシデントに見舞われ
多くの方にご覧いただけるかと心配を胸に抱えておりましたが、週末にはたくさんのお客様にご来場いただき
総入場者数1313人の方々にメッセージをご覧いただくことができました。
 
 

Together Forever「ペットは家族 一生一緒」 フォトメッセージ展“Smile” 会場入り口
大きなポスターが通りすがりのみなさまの目を引き、たくさんのお客様にご来場いただきました。

S様ポスター印刷、ありがとございました。

 
3Fがフォトメッセージ展会場です。
会場前にはS様制作のフォトメッセージ展目印のバナー。


フォトメッセージ展「Smile」の会場です。
今回は保護活動にご尽力されている方々にスポットをあてた構成になっています。
 
ご覧いただきやすいようによりシンプルな展示方法にしました。
 
家族募集の犬猫です。
しっぽのなかまのシェルターにはまだまだ多くのなかまが本当の家族を待っています。
 
下にはチラシやパンフレットを設置。
 
昨年同様会場内でスライドを上映。 PMが新しく制作いたしました笑顔いっぱい「Smile」が常時流れています。
 

関連記事掲載の雑誌やお子様にも分かりやすい関連書籍を設置しました。

 
会場内はとても静か
皆さまとても熱心に文章を読んでおられます。
 
 
 
 

 
パネルのコメントも一つ一つ丁寧に読んでくださいました。
 
 
土曜、日曜にはお子様もたくさんご来場いただけました。
 
 
パネルにご登場いただいた方々も会場に足を運んでくださいました。
 
幸せ家族の新メンバーあめりちゃんのご家族です。
お姉さまに続き妹様の結婚式に出席したあめりちゃん、末っ子さんの結婚式にも出席してくださいね。
 
第2章の始まり、保護活動をされている方々にご登場の木村様
奥さまも別の日にお友達とご来場してくださいました。お友達のしっぽのなかま松本さんと
 
せっかくお出で頂いたのにお写真を撮り忘れてしまった「CATS&DOGSカフェ」で犬猫の保護活動をなさっているパネル出演の吉田様。
大変失礼いたしました。
 
パネル出演の故マッシュ君ご家族。
マッシュ君が繋いだ糸でチワワの「るなちゃん」を迎えました。SmileDVDに出演です。
 
秋田犬ゆきちゃんを迎えたご夫妻。「ゆきちゃん」もSmileDVDに出演です。
 
会場にお越しいただいた、パネル出演のみなさま。ありがとうございます。
撮影し忘れた方も幾人か・・・本当に失礼いたしました。
 
 
 
 
 
フォトエッセージ展を開催していただいた関戸公民館の北方様とご一緒に
お忙しい中、会場にお越しいただきありがとうございました。
 
カフェチェルキオで開催している「10犬10色」のSmile(会場でDMを設置しておりました)で
ご自身の作品をしっぽのなかまへの募金としてチャリティー販売されているsukosidakedoさんとお友達
 
アンケートにも真剣にお答えいただき、素晴らしい感想をたくさん残してくださいました。
 
 
感想欄に書かれているみなさまの言葉、偶然入られた方が熱心にご覧になり感想を述べてくれる…これほどの喜びはありません。
特に今年は例年に比べ男性の方からの感想欄への書き込みが多くなっています。
みなさま犬猫の問題を真剣に考え、心からのメッセージをたくさん残してくださいました。
地道な活動ですがフォトメッセージ展を開催することの大切さを強く感じました。
 

 
 
いただきましたメッセージはこちらでご覧いただけます。Smileメッセージ
 
最終日の閉館は14時半です。
閉館近くにご入場の方々はゆっくりご覧いただけましたでしょうか?
 
閉館近くまでDVDをご覧になるお客様
 
閉館後にも会場までお越しくださったお客様
ご覧いただけなかったことがたいへん心苦しかったです。
 
ふれあいホール前で笑顔でお客様をお迎えしたポスター
君のSmileが たくさんのお客様を会場に招いてくれました。

会場前のポスターを片付けると
7日間のフォトメッセージ展が終了します。

 

「No Kill Country をめざして」
「保護活動によって救われた命」
「ありがとう」
パネルからのメッセージは 皆さまの心に
何かを残してくれたと確信しております。

 

7日間のフォトメッセージ展を盛況のうち無事に終了する事ができました。
これも会場にお越しくださった1313人のみなさまのおかげとスタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。


ありがとうございました。

命とは・・・・・・・・
犬や猫はなぜ殺されなければならないのでしょう

彼らの運命を左右するのは私たち人間です。めぐりあった命を大切に、最後のその時まで一緒に生きれば
無駄に捨てられる命は必ず少なくなるはずです。

そして犬や猫を家族に迎えたいと考えた時、保護されている犬や猫のことを思い出してください。

フォトメッセージ展「Smile」をご覧になった皆様が犬や猫の現状を心に留めていただければ幸いです。

 
アンケートにはお子様からの素直な言葉やみなさまの心からのメッセージ、ご意見などたくさんの感想をいただきました。
今後の活動の参考にさせて頂きます。心から感謝を申し上げます。
アンケート結果を掲載しております。ご覧下さい。
ご協力いただいた皆様
プリントン / サンテックオプト / 外NE BRAND / ペットケアサービスLet's / さつきプラスチック巧芸 / ロンリーペット 
CATS&DOGS CAFE /環境省 (順不同)

設営・搬出また連日の会場スタッフとしてお手伝いをしてくださった方々。
及川様 佐々木様 柿澤様 水沼様 篠原様 菊池様 鈴木様 藤間様 梶様 池田様ご家族  

また、告知のご協力、チラシの配布など惜しみないお力をお貸しくださった皆さま。

この場を借りて、感謝とお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 
平成17年度には40万匹近い犬猫が捨てられ、そのうち36万匹近くの犬猫が殺処分されていました。
平成20年2月六本木ヒルズumuで初めての「ペットは家族一生一緒」フォトメッセージ展を開催し
NHKふれあいホールギャラリーで開催すること3度目の今年、
平成21年度の殺処分数は229,832匹と会場に掲示できました。
これも一人一人の意識が高まったあらわれだと認識し、啓発することの大切さを感じています。
まだまだ第一歩を踏み出したばかりですが、殺処分ゼロも夢ではありません。

「Together Forever ペットは家族 一生一緒」フォトメッセージ展Smile を開催するにあたって、
ご協力をいただきました、たくさんの方々
そして、この会場に足を運んでくださったみなさまに、心から感謝いたします。

いつかまた、みなさまにお会いできる日を楽しみにしております。

ありがとうございました。

フォトメッセージ展 実行委員会
NPO PM(ポジティブ・ミーティング)

NPO法人 陽の会 事務局長 白塚 雅生