フォトメッセージ展Together forever We are famileご感想

ご来場のみなさまからたくさんのご感想をいただきました。
今後の活動の参考にさせていただきます。ありがとうございました。 
P5
P5

人間の教育、 何を第一にするかという考えが変わらない限り、変わっていかないような気がします。
主婦 女性 61歳

いつも感激します。頑張って下さい。

一つでも命が救えたら!
主婦 女性 61歳

こういうイベントがなくてもよい社会になって欲しいですね。
会社員 男性 61歳

こんなにいぬがせいぞろいしてました。またきます。
学生 男性 13歳

昨年愛犬を10歳で亡くしました 。子犬の頃、元気な頃は、ただ可愛いだけだけど、病気になると大変な物です 。
でも誰でも必ず迎えることなので覚悟をして最後まで見届けてほしいです。
会社員 女性

入り込みの猫を飼っています 。メスで家に来てから手術をしてシングル生活ですが 本人も家族も充実した生活です 。名前もNORAノラです。 ボランティアから猫ちゃんをいただいて大切にしているお友達もいますよ 。
頑張ってください。殺処分ゼロです!
主婦 女性 59歳

最後まで責任をもって育てる。 人間も動物も同じだと思います 。事務局の人頑張ってください!!
主婦 女性

私は今 犬や猫の飼えないマンションに住んでいるので 、もし環境さえ整えば飼いたいと切に思っていました 。
たまにテレビで捨てられた動物たち の特集を見て心が痛くなることもありましたが 、今日のメッセージ展で飼えない人にも今の現状を広く伝え、理解してもらう必要があると感じました 。
動物 、生き物 である以上 責任と愛情をもって 一生共に暮らす覚悟を持たなくてはいけない とあらためて感じました。
会社員 女性 23歳

 友人がペットを亡くして、とても悲しんでいたのですが 、その後新しいペットに出会い、今とても幸せな姿を見て(そしてそのワンちゃんにも会って)我が家にも機会があれば新たな家族として迎えたいなぁと思っています。
そして今回この写真展を見てこんなにもペットが殺処分されているの知り、ショックで泣きそうになりました。
友人とも今度話をして問題について考えたいと思いました。
主婦 女性 34歳

より多くの人に知ってもらえたらと思います。
会社員 女性 

殺処分されるペットが一匹もいなくなりますように 。このような活動を一般的にする動きが広がっていくことを願っています。
主婦 女性 58歳

最近までいたのですが 、やはり居なくなると とても寂しく 今色々考え中です。
主婦 女性 63歳

最後まで責任を持つことの大切さ。
男性 66歳

通りがかりで拝見しました 。
以前猫を飼っていましたが (近くに捨てられていた猫)事故で死んでしまいました。 いい猫でした。
団体役員 男性 65歳

我が家でも 11歳の老犬、 1歳の猫を飼っているが、 最後まで大切に育てようと思っています 。どちらも殺処分直前で家に来てくれたので、 これも何かの縁だとおもいます 。年間12万匹を越える犬 猫が処分されているとは…。問題です。
男性 59歳

一匹でも多くの子が救われるといいなと思いました。 私の周りでも ペットを置き去りにしてしまった事件がありました 。
たくさんの犬や猫たちが 餓死して亡くなりました。置き去りにされたペットたちの苦しみを想像すると涙が出てきます。
今は無理ですが 、いつか里親制度を利用したいと思います。
会社員 女性 40歳

かわいそうだった。こういう子を一匹でも減らしたい。
学生 男性 13歳

見るのがとてもつらくなりました。 でも幸福になった犬 猫がいる現実は良かったと思い、 保護犬、猫を飼ってくださった方に 「ありがとうございます」 と言いたいです 。犬を飼ってはいけないマンションで、たのんでたのんで今の犬を飼っています。住環境がもっと良ければお手伝いできるのにと少々残念に思います。
主婦 女性

今パジュ君は13歳。拾ってきてからもう13年がたちました 。これからもよろしくね。
会社員 男性 42歳

たくさんの犬や猫が捨てられていてかわいそうに思いました。
ペットを飼う事があれば 里親制度を考えてみようと思います。
女性 35歳

死というものが生活から遠ざかり、生きるということが身近に感じにくい そんな時代になって来ているかと思います 。そんな中で 犬 猫の生き死にまで考えることはとても難しい。人の世の社会を回すために、 そこにしわ寄せが行くなら それは仕方がないことだと思う 。害獣として殺されている動物はたくさんいる。
ただ、人と動物 両方のうまい落とし所、それが見つかれば良いなと思う。
会社員 男性 27歳

松本蘭さんの言葉に心打たれました。
主婦 女性 57歳

心が痛くなった。
学生

次にペットを飼うときは保護犬猫を飼いたい。
主婦 女性 66歳

テレビではよく見るが 、実際に多くの犬猫が殺処分されていると知り、大変心が痛む。以前犬をを飼っていたことがあり 、一度死んでしまったので死ぬところをもう二度と見たくなくて 飼えていないが、手助けできたら嬉しいと思う。
主婦 女性 55歳

人間は勝手だと思いました 。私は小さい頃柴犬を7匹飼っていました 。子供ができると知人に分けてあげました。
最後まで面倒をみるという約束で。   可愛い 可愛いでペットショップで買ってきて 、そのうち飽きるというか 面倒くさいというか 、本当に人間で勝手だと思います。
会社員 男性 57歳

言葉で上手く表現できないですが 、今の日本の現状より1年後 2年後 動物たちが幸せに暮らせるようになっていて欲しいと願います 。こういった写真展へ伺ったのは初めてでした 。今までネットなどでは殺処分の現状を知っていても、 今回の写真展では 比べ物にならないくらいの衝撃がありました。
会社員 女性 43歳

里親制度があるということを知ることが出来、両親にも話してみようと思いました 。
少しでも多くの命が救えるといいなと思いました。
学生 女性 18歳

最近犬猫のボランティアなどに ご縁があり 、今回もそのご縁の流れで見にきました 。
なかなか難しい問題ですが 良い方向へ向かうことを願っています。幸せな犬 猫が増えるように…。
主婦 女性 44歳

わたしの飼っている犬も里親制度を利用したため、こんなにかわいいそうなのか、と心が痛みました。
友人も里親制度を利用すると言っておりました。
学生

犬が好きなので こんなひどい目にあっている現状に心が痛みました 。
いつか飼うことがあれば 絶対大切にしたいと思います。
会社員 女性 28歳

自分としてはボランティア活動、まだまだ足りないと思いました 。でも 不幸な犬猫が少なくなるよう協力していきます。
女性 65歳

わたしの飼っている犬や猫は今まで何頭かいるけれど 、全部家の前に捨てられていた動物です。 ひどい場合は まだ目の開いていないときもありました 。とても残念な出来事ですね。 これからも皆様の活動を応援していきたいです。
女性 60歳

ペットブームの裏にはこんなに悲しい現実があるのかと思うと 切なく悲しい気持ちでいっぱいになりました 。と同時に たくさんの人 が 出来る限りのことをしようとしていることを知り、胸が熱くなりました 。自分にできること何かを考えていきたいと思います。
会社員 女性 55歳

活動頑張って下さい。
男性 43歳

やっぱり動物は可愛いなぁ。
学生 男性 22歳

犬 猫の保護活動は大変だと思います。猫も犬同様登録するようにしたら捨て猫も減り、 そして 避妊 去勢も必要かと。
主婦 女性 61歳

正直言葉になりません 。私はトリマーの専門学校に通っていた頃に、保護犬の存在を知り、犬を飼うなら保護犬と決めていました 。そして 我が家にも保護犬のミニチュアシュナウザーがいます 。自分ちの子が保健所でああいう思いをしていたのかと思うと 涙が止まらなかったし、 今も日々そういう思いをする子や命を落としていく子がいるかと思うと いたたまれません。 1日1匹でも多くのわんこが幸せになりますように願うばかりです。
会社員 女性 31歳

ペットの殺処分が気になっていたが、改めて痛感させられた。
会社員 男性 44歳

このような活動を広めて欲しいです。
会社員 女性 53歳

パピーウォーカーを預かる予定です。
主婦 女性 66歳

もっと多くの人に知って欲しいです。
学生 

これまでもこれからも動物を愛していきたいと思っています。

犬やねこっていっぱいすてられているんだな。
学生 男性 7歳

すてられた犬はかわいそうだなと思った。
学生 女性 10歳

命あるもの全て大切ですね。
会社員 男性 49歳

家族募集活動やセンターの出張などの活動が大切に思われます。
会社員 男性 35歳

殺処分は減っていると言っても、 まだまだたくさんの尊い命が意味もなく奪われています。こう言った活動を地道に進めていくことがとても重要だと思います 。一人でも多くの人に この現状を知ってもらうために…。
会社員 男性 52歳

どんな状況にあっても物言わずじっと見つめてくれる生き物たちを決して裏切ってはいけないと思う。
主婦 女性 50歳

私も家で猫を飼っていますが 、その猫も実は捨て猫でした 。それでも元気な猫ちゃんと出会い、今も一緒に生活できることが私は幸せです。 また数年前に捨て猫を拾い大切に育てていましたが、数日後に病気で亡くしてしまいました 。
その時私は 「なんでもっと早く助けてあげられなかったのだろう」と 自己責任を強く感じました。
私は動物が大好きです。 今後も 私は動物を大切に育てていきたいと思います 。
また このような活動に参加して多くの方々が変わっていけばいいなと思っています。 これからも 私はこの活動を支持していきたいです !応援しています 頑張ってください! また参加できる日を楽しみにしています。
アルバイト 男性 18歳

このような活動をしてくださっている方々を尊敬いたします 。私自身は 動物と一緒に生活するということは 現在は考えられませんが 、子供たちに動物の命のことを伝えていきたいと思います 。(人の命だけが尊いわけではありませんね)
主婦 女性 45歳

「 もう一度お日様を見たかったなあ」 涙が出ちゃう。 家族の中にいられる犬は幸せだけど、 捨てられてしまった犬の余生がなんともかわいそうだった。飼い主の責任は重大であることを自覚して飼って欲しい。
自営業 女性 60歳

里親を探すことは大切ですが、捨てていく人間たちの意識を変えるために何か方法はないか、 考えさせられます 。
これからも何らかの形でサポートしていきたいと思っています。
主婦 女性 58歳

写真に動物の言葉を擬人化した文章は不要だと思う 。事実がすんなり入ってこない気がした。
実際に引き取られた方のメッセージは愛情あふれるもので とても良かった。
会社員 女性

学生時代に動物について学んでいたこともあり 、今回の展示はすごく胸をうたれるものでした 。
自分にも何かできることがあれば積極的に協力していきたいと思いました 。素晴らしい展示をありがとうございました。
女性 25歳

ペットを飼うにあたって責任と覚悟が必要なことを知らない人 が多すぎる。 ペットを おもちゃ感覚で飼うとどうなるか分からないのだろう 。こういうかわいそうなペットが今後増えないようにするためには「 ペットは可愛い」と言うことだけを伝える マスコミをどうにかするべきなのではないかと考えます。 志村動物園なんて最悪ですね。

最初のところに書いてあった「人間も犬も同じ命」という言葉がとても心に残りました 。
それはそうだな という新しい気持ちや、命の大切さがあらためて わかりました。
学生 男性 12歳

昔飼えなくなって処分をしたことがある 。二度とそういう身勝手なことは自分はしない。
会社員 男性 55歳

ペットは飼っていませんが 、昨今のペットブームでペットを飼う人 が増えたので 無責任な人間も 増えたんだろうなという認識を改めて持ちました。
主婦 女性 54歳

私も保護活動をしています 。一人一人が出来ることは少ないですが頑張りましょう。
会社員 女性 29歳

すてられてらかわいそうだけど、ひろってくれてやさしい。

基本的に保護した子しか育てていません。 次も同じように考えています。
会社員 男性 36歳

公園でカラスに遊ばれているところ 保護された子猫を引き取り今育てています 。
自分の家をもつようになったら もっとたくさんのペットと過ごせたら幸せです。
主婦 女性 36歳

生かされる子と、殺処分される子 ほんのちょっとしたタイミングやチャンスで大きく分かれてしまう 運命。
2年前の写真展にもお邪魔しましたが 、いつもその運命について 考えさせられます 。今笑顔いっぱいで愛されている子も一歩間違えば 今はこの世にいないのかもしれません 。その運命を変えることが出来るのは 人間なんですよね 。
その人間が一人でも増えるために このような写真展は とても有意義だと思います。
どの写真もスライドも素晴らしかったです。
主婦 女性

共に生きている。この世界を大切にしたい。
会社員 男性 33歳