フォトメッセージ展Together forever We are familyご感想

ご来場のみなさまからたくさんのご感想をいただきました。
今後の活動の参考にさせていただきます。ありがとうございました。 
P6
P6

スライドがとってもとっても素敵でした。 写真もいいし 言葉も素敵です !写真の切りかわりのテンポもいいですね 。
それぞれのテーマにそっていてまとまっていました 。思わず踊りだしたくなる音楽もキュートでした。
啓発として全体がよーくまとまっていて わかりやすいので 内容や現実が人の胸にすーっと入ると思います。
最高!!色んな方に見に来てもらいたいですねー!
女性 39歳

もっと犬や猫を守る法律や、業者が罰せられる規制が作られるといいと思います。
会社員 女性 27歳

全て人間のエゴなので 悲しいです 。行動を起こしてみようかなと思いました。
学生 男性 22歳

人と変わらぬ動物の命。日本ではなぜもっと大切に扱われないのか あらためて考えさせられました 。私と一緒に暮らしてくれている愛犬をもっともっと幸せにしてあげたいと思いました。 殺処分ゼロの日が早く来ますように。
会社員 女性 32歳

里親で猫を迎えようと考えているので こういう活動をされている人たちがたくさんいることに驚いたし 、一匹二匹でも自分で一緒に生きていける命があるのか…とおもうきっかけになりました ありがとう。
会社員 女性 32歳

こういった内容の課題図書を子供に買ったことがあります 。
でも内容が悲しすぎて逆に感想は書けませんでした 。一人でも多くの人が知ることが大事ですね。
主婦 女性 40歳

心が熱くなるものを感じました。 子供にも是非見せたいです 。
今後ペットを飼うなら責任をもって飼う。子供たちに教育したいです。
主婦 女性 47歳

見ていてつらくなるが、たくさんの人に見てもらいたいです。
こういう活動は とても大切だと思いました。 これからも頑張って下さい。
会社員 女性 36歳

皆様の体験談 一つ一つがとても心に残りました。
里親制度が拡大し、 保健所にペットがいない日本に早くなってほしいと思います。 

家畜や実験動物よりはまだましか。
会社員 男性 47歳

殺処分がいつの日かゼロになることを願いたいです。
主婦 女性 50歳

日本を変えなければいけない、と思った。 強く思った。
学生 男性 22歳

子供達にも今の現実を知ってもらい、自分達が飼う立場になった時に役立ててほしい。
そのため 、本など読み聞かせをしようと思いました。
命を軽く見すぎているので、可愛いだけではない 、大変なことも知って欲しいと思いました。
主婦 女性 38歳

かけがえのないペット達、里親になられた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
主婦 女性 59歳

マルチーズが3/30に心臓病で亡くなり、今はお骨で家にいます。
女性 77歳

少しでも殺される犬 猫が助けられるように力になりたいと思いました。
会社員 女性 50歳

 同級生 (中学生)にはペットショップで売られている動物が、家族が決まらないとどうなってしまうのか 知らない人が多い。子供にも現実をもっと教えてほしい。
学生 女性 15歳

パピーミルとショップでの生体販売を何とかしてやめていかないと 不幸な命は無くならないと思います。
また飼い主の意識向上 が必要な地域が まだ多くあります。 避妊 去勢の徹底が大事です。
主婦 女性 55歳

ペット産業そのものが悪だと思います。
男性 41歳

ひとつひとつの命を大切にしていかなければと思った。動物は物ではない。
主婦 女性 43歳

動物の中の格差社会を感じた。
男性 43歳

動物愛護法の改正で 業者からの持ち込みを行政側は拒否できるようになったそうだが 、取引屋なる商売が現れたとの事。業者から有料で引取り、 まともな食事も与えず劣悪な状態で、死んだら 捨てる 。
もっと抜け道のない厳しい法改正を望みたいです。
会社員 男性 59歳

一人なので ペットがかわいそうで。 早朝や夕方ペットが糞をすると周りを見渡して、そのままにしていってしまう人 が多く見られる 。(道具は持っているのに)
男性 68歳

人間も動物も共に年を取っていきます 。我が家のワンも12歳になった今、すっかりじいさん犬になってしまいました 。
これからはゆっくりのんびり少しでも長く楽しく…。年だから、病気だからと捨てられてしまう現実。
そんな人間は きっと自分も同じ目にあうんだよ、きっと
会社員 女性 59歳

今は出歩く事が多いので動物は飼わない。
主婦 女性 79歳

こんなに犬と猫が捨てられているとは、ビックリしました。
主婦 女性 38歳

私は看護師をめざしている学生です。 人も犬も猫も命の重さは変わらず同じである とあらためて思いました。
また自分自身今2匹の犬を飼っています 。皮膚のケアなど 大切にしていきたいと強く感じました。
とても素晴らしい展示会だと思います。
学生 女性 19歳

こう言うフォトメッセージ展をペットショップの横でやるべき。動物は道具ではないことをもっともっと伝えないといけない。
会社員 男性 42歳

特にペットに興味はないが 、こういうのは とても考えさせられた。
会社員 男性 29歳

色々な写真で色々知れて良かったです。
学生 女性 7歳

毎年開催してくださってありがとうございます。
女性 23歳

近くの動物管理センターでは処分する犬は0になったそうです 。人間の行動次第で命は守れると思います 。
今、気になっているのは ペットショップで売れ残ってしまう犬たちの事です。 彼らの行く末を案じています。
主婦 女性 51歳  

愛護センターに行った時に 動物が保護した後どうなるのかを知り、今回フォトメッセージ展に行って救われた命もあることを知りました 。一匹でも多くの動物が里親にめぐりあえるといいですね。
会社員 男性 45歳

殺処分をゼロに!

私は狩猟を行っていますので、 猟犬数頭と生活を共にしていますので、 写真を見てびっくりする次第です。
会社役員 男性 75歳

実情を知る機会が無かったので、勉強になりました。 保護犬考えます。
会社員 男性 27歳

人は犬やねこにたいして とても怖いことをしていたことが分かりました。
もし捨てられている動物を見かけたら保護したいと思いました。
学生 女性 11歳

我が家でも 里親として飼っている犬がおります 。捨てられていた頃 、必死にに生きのびようとしていたのか 散歩中 虫や落ちているゴミ(キャップ)などなんでも口にしようとしてしまいます。
しつけするのに苦労していますが 今では我が家の大切な家族です。
主婦 女性 41歳

捨てられたり 虐待される犬猫のことを目にしたり 耳にしたりするといつもいつもとても悲しくて辛い気持ちになり、ついつい見ないように聞かないようにしてしまいます 。本当はそれではいけないのでしょうが、どうしても現実を直視することができません 。この展示も 最初の写真は見れず、 後の里親さんと暮らす子たちのものしか見れませんでした。
すみません。 悲しい現実がなくなる日を心から願うばかりです 。
何かしら力になれればいいですが どうすれば良いか分かりません。
会社員 女性 42歳

我が家の犬もアニマルレスキューから引き取りました。
会社員 男性 51歳

もし今飼っている犬が亡くなってしまったら、選択肢として考えたい。
主婦 女性 32歳

もともと動物がすきで犬はとくにすきだから、これらのすてられた犬がとてもかわいそうでかわいそうで泣きたいくらいです 。家の用でかえなくなってもすてるひつようはないと思う。
たいへんなことは分かるけど 自分たちがすっきりしただけで、犬たちはかなしむだけだから どっちもすっきりしてほしい。
学生 女性 9歳

子供どころか 大人が見るのにも写真の高さが高すぎる。文章が長く、くどい。シンプルに。
会社員 男性 39歳

子供の頃から動物と暮らしたいと願っていましたが 、ペット不可のマンションでかなわず。結婚して、今度こそと願うも 転勤族でいつでもペット 可 物件に住めるわけでもなくかなわず 。いつかリタイアし、定住できるようになったら…と考えています。ペットショップで 月齢の小さい子を売りすぎと思います 。昔から飼うなら保護犬を、と考えていたので 、いつかは、と考えています 。悪徳ブリーダーへの規制をもっと厳しくすべきと思います。
主婦 女性 40歳

ここには犬ねこのいろいろなしゅるいがみれて、とても楽しかったです。
学生 女性 9歳

最後まで責任持って一緒に暮らす事!!
会社員 男性

可愛いだけで飼ってはいけないと思う。飼育放棄された犬のお世話をしたことがあります。
動物の生命を大切に考えることができない人 が増えていて 残念です。
会社員 女性 51歳

こんなにひどい事があったりすると、犬やねこを飼うことにちょっとかるく考えてはいけないのだと 思いました。
学生 女性 11歳

これ以上大切な命が亡くならないように。活動について興味を持ちました。
会社員 女性 38歳

里親制度は良いと思います 。ペットショップでもそうしたらいいのにと思っています 。予約制で売るようにすれば飼い主が捨てることも少なくなるかもしれません。
女性

自分がいなくなったあとの事が気になった。
自営業 男性 47歳

前猫を飼っていました 。その時には他に目をむけることはしませんでしたが、亡くなって9年 。
このような展示を見ることにより、一緒に過ごせる時間を持てたら良いなと思います。

すごくいい活動ですが、 まずペットショップを少なくする活動をしたらどうでしょうか?
アメリカではかなりの数のペットショップがへ減っているそうです。
会社員 男性 29歳

最初のセクションの写真の下の言葉が 、本当にそう思っているように思います 。
写真で見せるのは説得力があります。
女性

展示会を見て人間のエゴが分かる。写真にのっている犬は、、ほとんど座敷犬なので ペットショップで買った物を捨てたものと考えられる。
男性

私も命を大切にしていきたいです。
主婦

最初の方の写真を見たら、少し悲しくなってしまいましたが 、幸せにしている子たちもいるのを見て ほっとしました 。
うちの猫も もう長くはないので、 何かの時は利用できたらと思います。
会社員 女性 36歳

人間のかってで犬がすてられていて 、そのすてられた犬をひろった人はしんせつだなと思いました。
女性

かわいそうだな。
男性

人が死んだ時はニュースで何人亡くなったと知らされるが、動物はそんなことなくて、 しかし確実に命が失われていることは忘れてはいけないなと思いました。
学生 男性 23歳

友人が動物愛護活動しており 、殺処分の現状はある程度把握していましたが、 改めて事の重大さ、意識の低さ、 命の大切さを考えさせられました。
会社員 男性 32歳

ペットは家族だと思う。友人が犬を飼っているが、本当によく可愛がっていて 、その姿を見ていると美しいなーと思う。里親になれる状態になったら是非トライアルしてみたいと思う。
会社員 女性 50歳

犬は大事にしないといけないって強く思いました。
男性 21歳

今飼っているフェレットに愛をたくさん注ぎたいと思います。
女性 23歳

必ず殺処分ゼロを実現させる!!生き物にも人にも優しい国へ。
会社員 女性 31歳

自然の生活ができれば可能ですが。
女性 71歳

 猫は体が小さいので簡単に世話ができるものと思ってしまうのかも。
大型動物( 牛や馬)を世話するのと同じと考えればむやみに棄てる事などできないのでは?
飼う人の意識を もっと高めてほしい。(いい飼い主さんが 圧倒的に多いのでしょうけど。)
会社員 男性 50歳

責任をもって最後まで飼いたい。
会社員 女性 52歳

軽い気持ちで入ってみましたが、 考えさせられるものがありました。 私が住んでいる市は、捨て犬の数が全国でもトップクラスで、車を走らせていると 老犬が車道を走っているのをよく見かけます。
こうした景色が既に日常になっている私にとって、今日のイベントは 良い機会になったと思います 。
まずは近所の保護活動をされている団体を調べてみようかと思います。
会社員 男性 27歳