フォトメッセージ展 Here coms the sun ご感想

ご来場のみなさまからたくさんのご感想をいただきました。
今後の活動の参考にさせていただきます。ありがとうございました。 
P1
P1

私も昔大学で馬術部に所属していて、部に処分されるしか行き場のない馬を預かってほしいと何度も連絡いただいたことがありました。もちろん今いる以上の馬を預かる事は簡単にはできない状況、家族以上の思いをある意味抱いていました。出会いはとても大きいもの、犬猫たちにもいろんな人と出会える機会があることを願っています。
会社員 男性 45歳

小さい頃からペットを飼った事は無いので、ペットを飼っておられる方の気持ちを心から理解できるわけでは無いかもしれないですが、写真展を見て印象的だったのは皆さんが笑顔だったことです。犬や猫それ以外のペット達の持つ力の偉大さに感銘を受けました。今は3歳、1歳の子供を見るので精一杯ですがいつかペットを飼うのもありだと思いました。また、ペットショップ以外で犬や猫たちと出会える機会が増えていることを知ることができよかったです。
会社員 男性 33歳

大切な命を多くの人に伝えたいです。
会社員 男性 65歳

福祉学系の教員をしていることもあり、動物が人間を支えてくれていると痛感する場面が多々あります。その逆で、私たちが動物たちを支え守らなければそれが動物←→人間の相互関係であり1つの平和世界形成の実現の具体化の1つ(方法)だと思います。今日は良い学びになりました。有り難うございました 。
教員 男性 50歳

生命あるもの、大切にしたい。平和な世界、人と動物との共生。大事にしたい。
その他 男性 83歳

そろそろ本気で行政は保護犬に関することに力を入れて欲しい。不要な生体販売や悪徳なブリーダーの取り締まりも強化してほしい。ペットは家族、人々の意識が変わりますように。
会社員 女性 35歳

ペット関係のCMをやめるべき。ペットショップの規制、ブリーダーの規制を設けるべきだと思う。

家族と一緒の写真はどれも幸せそうでこちらも嬉しくなります。なぜだか涙も出そうになりました。昔の愛犬との日々を思い出しました。ありがとうございました。
会社員 男性

何気なく入ったつもりでしたが一番苦手なテーマで始終号泣でした。なのであまり見ていない部分もあります(見なくてもわかることなので)子供の頃からお世話をする事は責任が伴うことと言う事は母から教えられていたので今起きている問題は腹立たしく悲しくことばかりです。でも、今の私の状況ではお世話をする状況ではないので何もお役に立てませんが、多くの動物たちが幸せになれることをただただ祈ることしかできませんが皆様の今後の活動を陰ながら応援しています。そしていつかは世話のできる状況になりましたらご連絡いたします。何もお役に立てなくてすみません。
その他 女性 44歳

すばらしい活動だと思います。応援しています。
主婦 女性 35歳