フォトメッセージ展 ありがとう リポート
PM Home
ありがとう イベントトップ
2010年4日13日更新しています
 

NPO しっぽのなかま「めぐろのいぬやしき」でも
リポートを掲載
しております

 
初日3月29日は小雨、時折雪の混じる寒い日にも関わらず多くのお客様がお越し下さいました。
 
 
Together Forever「ペットは家族 一生一緒」 フォトメッセージ展“ありがとう” 会場入り口
 
この階段を上って、フォトメッセージ展の会場です。
大きなバナーが目印。バナーを掛けて準備が整いました。
S様、バナー制作ありがとうございました。


頂いたお花や緑を会場に飾らせていただきました。 
 
   
 
 
64頭の家族募集の犬猫たちです。
シェルターにはまだまだたくさんの犬猫がいます。 家族の糸が見つけられますように・・・・

下にはチラシやパンフレットを設置。
 
 

飼う人の責任」・「動物愛護管理法を見直す会」藤村代表のパネル・「No Kill Country をめざして」
外国の方にも日本の現状を知っていただくため今回は英文も加えました。
動物愛護管理法を見直す会の署名用紙と寄せ書き帖。
 

 
2時間しかない設営準備時間、少々遅れてしまい、お待ちいただいたお客様もおります。
申し訳ありませんでした。
 
いよいよ開場です。
 
 
1章 No Kill Country をめざして
 
 
不要とされ放棄される犬猫たちのフォトメッセージ。
皆さまとても熱心にご覧になっておられました。ちょうど春休み、お子様連れが多く見受けられました。
お子様にも犬猫の現状そして命について、考えていただく事はとても有意義だと思っております。
 
 
 
 
 
2章 
保護活動により助けられた犬猫達の幸せな家族の肖像です。
 

 
幸せ家族のフォトメッセージのパネルに新たなメンバーが加わりました。
 
犬の表情、何よりも人間の表情が幸せで満ち溢れています。
人も犬猫も笑顔が素敵です。
みなさま、幸せな家族のメッセージを熱心にお読みになられています。


幸せ家族・ありがとうのパネルにご登場のご家族もたくさんお見えになっていました。
素敵な写真とメッセージを ありがとうございます。

お見えになったご家族には、ご自身のパネルの前で記念撮影をしていただきました。

作家、森絵都さんも幸せ家族の一員です。

NPO しっぽのなかま 佐藤代表
 
   
3章 ありがとう
 
出会えてありがとう。
一緒の時を過ごす事が出来てありがとう。
大好きなあなたへ・・・
 
 

3章は介助犬・セラピー犬を良きパートナーとして暮している方、人の為に働き引退をした犬を家族に迎えた方。
老犬・老猫となった今、共に、穏やかな生活を送っているご家族。最後のその時をご自身の腕の中で見送ったご家族など、
写真に溢れる温かい笑顔と「ありがとう」のフォトメッセージの展示です。

 
 
   
「ありがとう」に登場しているN氏と介助犬ミドル君
 
ご自分が登場するスライドを眺めていらっしゃいます。
 
寄せ書きにミドル君への「ありがとう」の言葉を残してくださいました。
 
 

3章「ありがとう」の奥では、お寄せいただいたお写真で制作しましたスライドショーを常時上映しておりました。
 
 
 

「飼う人の責任」・「動物愛護管理法を見直す会」藤村代表のパネル・「No Kill Country をめざして」
文章のパネルもみなさま熱心にお読み下さいました。
 
 
 
 

コメント感想欄にお子様からの言葉をたくさんいただきました。
 
 
 
 
 

寄せ書き帳に可愛いイラストがいっぱい。
子供たちの為にも、優しい社会を目指します。

 
 

会場内は撮影許可者以外は撮影禁止とさせていただいていたので、
バナーの前が記念撮影場所。
 
 
 

最終日は搬出の関係上、4時半に閉館です。
閉館 ぎりぎりまで何人かのお客様が会場でご覧頂いていました。
ゆっくりとご覧いただけなく申し訳ありませんでした。
 
 
これから搬出です。フォトメッセージ展で訴えたかった事、
みんな家族です。「一生一緒」です。
 
 

ふれあいホール前のポスターを仕舞います。
ポスターにつられて会場に足を運ばれた方もいらっしゃいました。

 

 

 

「No Kill Country をめざして」 「幸せ家族」「ありがとう」の
パネルたち一週間、お疲れ様。
フォトメッセージ展のパネル達は皆さまの心に
何かを残してくれたと信じております。

 

 

 

7日間、会場の大きな窓から宣伝してくれた
バナーを下ろす時が来ました。



 
 
7日間のフォトメッセージ展を盛況のうち無事に終了する事ができました。
会場にお越しくださった1506人のみなさま、何かを感じてお帰りになったと思います。

彼らの運命を左右するのは私たち人間です。悲しい結末にならないよう。めぐりあった命を大切に、
最後のその時まで一緒に生きれば、約30万頭という悲しい数字は必ず少なくなるはずです。

 
たくさんの方が感想を書き込んでくださいました。
アンケート結果を掲載しております。ご覧下さい。
ご協力いただいた皆様
中村彰秀様 / プリントン / サンテックオプト / ポンポリース / petowa / 外NE BRAND
社会福祉法人 日本介助犬協会 / ペットケアサービスLet's / さつきプラスチック巧芸
ドックシェルター / NPO 法人 ちゃんねるone / バードランド / 日総ぴゅあ
動物愛護管理法を見直す会 / 全日本社会貢献団体機構 / (財)日本科学振興財団 (順不同)
期間中撮影をして下さった方々。
ちゃんねるone 宮野 様  タカノK 様  三井あやさ様
設営・搬出また連日の会場スタッフとしてお手伝いをしてくださった方々。
ちゃんねるone 岡村様 榎添様 渡辺様 井上様 宮原様 
佐々木様 片倉様 吉井様 水沼様 伊藤様  山下様 金田様 篠原様 篠原様ご友人 知見様 三井様
また、告知のご協力、ポスターの掲示、チラシの配布など惜しみないお力をお貸しくださった皆さま。

この場を借りて、感謝とお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

 


いろいろな力が集まってこのイベントを開催する事ができました。
ご覧になった皆さんも感じたことをご家族やご友人に話してください。
小さな力が集まれば、大きなうねりになり何かが動かせる。
私達は信じています。

PMは“命の大切さと人としてのモラル・マナーの向上”をメッセージし続けます。
少しでも小さな命が救われ動物と人間との本当の幸せが訪れる事を願っております。

「Together Forever ペットは家族 一生一緒」ありがとう を
開催するにあたって、ご協力をいただきました、たくさんの方々
そして、この会場に足を運んでくださった貴方に、 心から感謝いたします。

いつかまた、みなさまにお会いできる日を楽しみにしております。

ありがとうございました。

フォトメッセージ展 実行委員会
NPO PM(ポジティブ・ミーティング)

NPO法人 陽の会 事務局長 白塚 雅生