2009年2月フォトメッセージ展 「ペットは家族 一生一緒 Together Forever」 “beautiful names”
9月のイベント「 No Kill Country をめざして」で上映されました、放送作家で動物愛護管理法を見直す会 藤村晃子代表撮影、最後の瞳の予告編ができました。以下
藤村代表のブログから転載です


カメラを持って、犬や猫が捨てられる現場を取材した、20分程の
ドキュメンタリー作品「最後の瞳」の予告編ができました。

なぜ、ペットを捨てるのだろう?という疑問から、
取材し、現場をみつめたことにより、真実を伝えたいと思い、作品にしました。

私たちの心を豊にしてくれる、救ってくれる、また、盲導犬として、介助犬として
警察犬として、訓練に励み、社会のために役立ってくれる犬も多くいます。

犬や、猫を、救うために、ご協力お願いします。

お問合せは http://nolove-noearth.com/