命の大切さと、人としてのモラルやマナーの向上を社会に発信しています。

しっぽのなかま
 
 
 
犬や猫と暮らす際にかかる費用と責任
飼う前にしっかり考えておかなければならないのは
「終生責任を持って飼育できるか・・・」ということです。

猫はココを
クリック
責任ある飼育にはお金がかかります。
犬や猫を一年間飼育するためにどのくらい費用がかかるのかを試算してみました。
犬1頭・猫1匹を幸せに育てるためには、およそこれだけの費用がかかります。
犬を飼い始めにかかる費用
 
  小型犬 大型犬  
畜犬登録費用 3.000 3.000

地域によって多少異なります。
畜犬登録は生後90日以上の犬の飼い主全てに義務付けられています。

狂犬病予防注射 3.500 3.500

年1回。金額は都道府県、動物病院で多少異なります。
狂犬病予防法により年1回狂犬病の予防注射を受けなくてはいけません。

混合ワクチン接種 8.000〜 8.000〜 生後50日頃に1回目、生後80日〜90日頃に2回目を接種。
その後は年1回受ける事が必要です。
犬を飼い始めてから毎年かかる費用
 
 
小型犬
中・大型犬
(注:小型犬は3〜5kg 中・大型犬は10kg以上)
食費
36.000
72.000〜

プレミアムドッグフードでの試算です。

ペットシーツ
12.000
18.000
 
その他消耗品
5.000
7.000
 
狂犬病予防接種
3.500
3.500
年1回 。金額は都道府県、動物病院で多少異なります。
混合ワクチン接種
8.000〜
8.000〜
年1回
フィラリア予防薬
10.000
13.000
体重により異なります。
ノミ・ダニ予防費
12.000
15.000
体重により異なります。
トリミング費用
5.000〜10.000
1回の費用
不妊手術費用(終生1回)     オスの去勢手術費用:20.000〜30.000
メスの避妊手術費用:30.000〜50.000
病気や怪我の治療費
診察の内容や保険加入の有無によって変わります。

 

猫を飼い始めてから毎年かかる費用
 
食費
36.000〜

キャットフードの場合の費用です。

トイレ砂
20.000〜
 
その他消耗品
5.000〜
 
混合ワクチン接種
6.000〜

生後2〜3ヶ月に1回目その約1ヶ月後に2回目を接種
その後は年1回受ける事を推奨しています。

ノミ・ダニ予防費
12.000
フロントライン1回約1.100〜1.400(病院で受けた場合)
不妊手術費用(終生1回)   オスの去勢手術費用:18.000〜
メスの避妊手術費用:25.000〜
病気や怪我の治療費
診察の内容や保険加入の有無によって変わります。

 

表中の 「」で表示されている、病気やケガの治療費は数千〜数十万円単位で発生する出費です。
犬や猫と暮らす上で、突然必要となる病院代がきっと一番大きな出費で、その備えがあるかどうかは重要なポイントです。
大きな病気を見逃さないためには、人間と同じように定期的に健康診断をすることも必要でしょう。

この他、表にはあげておりませんが、おやつやおもちゃ、シャンプーなどの消耗品。ケージ、首輪、リード、ハーネス、迷子札なども必要になってきます。
しつけ教室に通われる方や旅行の際にはペットホテルに預けられる方もいるでしょう。それらにもそれ相当の費用がかかります。

大型犬 を飼う場合や飼育する頭数が増えれば、病院代や食費などの出費もどんどん膨らみます。犬種によってはトリミング代の出費もバカになりません。

一方金銭的な問題だけではなく、それぞれの動物の特性を考えてあげなければなりません。
例えば、 犬は社会的な動物です。他者と関わることに生きる意味を持ちます。ただ食事を与え、身の回りの世話をしてあげるだけでなく犬が犬として、心身ともに健全に生きるためには、その犬に見合った散歩や運動、遊びなど彼らと関わる時間の長さや内容が非常に重要になってきます。
そのために、一緒に暮らそうと思う犬にかけられる、 時間的、体力的、精神的余裕があるかどうか、もし自身に何かがあった場合その子たちを世話してくれる受け皿はあるか、飼う前にしっかり検討しなければいけないでしょう。


ひとりでも多くの人の意識が変わり、人間の勝手な都合で手放される
不幸な動物達の命が1頭でも少なくなる事を私達は願っています。

 


Copyright(C)2008 NPO Positive Meeting All rights reserved.